« アルタムの寄生虫 その後 | トップページ | アルタム寄生虫の治療結果 »

2008年12月30日 (火)

ファイアーファントムテトラとアルタム寄生虫

メガランフォダス sp.パンタナル(ファイアーファントムテトラ)
前回、アルタムを撮影しようと思ったら、ファイアーファントムの調子がよさそうだったので撮影。
最初の2匹は以前と同じタイプ。3匹目にフレームインしてくる固体が最近導入した別タイプのファイアーファントム。まだ小さいが、オスが1匹で5匹はメスっぽい。
このタイプは尾びれの根元近くに赤が入るようです。まだ調子が上がっていないためか尾ビレはあまり黒くありません。

アルタムのほうは、のんびり治療していたら残りの固体にも寄生虫がついてしまい、1匹はエラの中から虫が出てきてしまっていました。幸い同居している30匹程度のテトラやペルー産スカラレにはまったく移っていません。アルタム自体も元気。

ただ、ちょうど年末で5日くらい面倒がみれないこともあり、このままではまずいと思い、日曜の晩にトロピカルNを規定量の80%ほど投入し様子をみました。本当は流木の灰汁取り用の活性炭フィルター等もはずす必要がありますが、効果が早く切れたほうが良いのでそのまま投入。
翌晩にはすっかり薬の色が抜けていましたが、魚体や水草には影響がなさそうです。とりあえず24時間後に半数の水換えをしました。年明けに活性炭を抜いて、規定量で再度チャレンジします。


余談:
稚魚のほうは、大体1cmくらい。夏に生まれたメコンメダカの若魚くらいのサイズに育ちました。完全にジャワメダカです。^^)親(祖父・祖母?)魚と一緒にしたらまた画像を上げます。
コンゴパンチャックスのペアは両方とも完全にオスの発色です。照明を消して部屋の明かりだけで鑑賞するとはっきりわかります。

|

« アルタムの寄生虫 その後 | トップページ | アルタム寄生虫の治療結果 »

アクアリウム」カテゴリの記事

アルタムエンゼル」カテゴリの記事

コメント

寄生虫、うまく駆除できるといいですね。
そういえば、我家の水物では唯一名前をもっていたのが寄生虫でした(笑)
ザリにもザリガニミミズというヒドラみたいなのがいまして、結構ひょうきんな生き物であまり増えないし害もないので名前を付けて観察してました。右目の近くなので「ミギー」です。

ブリチャージ稚魚、またも全滅です。難しい・・・
親は元気ですが、水槽がプラナリアに占拠されつつあるので、少し方針を替えて、大き目の産卵ケースでの基本放置飼育で自然孵化を目指しています。

投稿: 長野マロン | 2009年1月 5日 (月) 12時47分

お、寄生獣ですね。こちらも害がないなら問題ないんですけど。
結構毎日観察しているつもりですが、ある日突然増えます。気づいた時には3mm~6mmくらいのサイズで、同時に複数の魚のヒレや体表についている感じです。多分徐々に成長しているんだと思うんですが。
ネットで調べても、アルタムに寄生している例はなくて、殆どカラシンの例なのが不思議です。(バラバラに導入した)8匹殆ど全部で発見したのにかかわらず、カラシンやペルー産スカラレ3匹には全く寄生しないのも不思議なんですよね。

コンゴパンチャックス、苦労されているようですね。問題はなんなのでしょうかね?ドイツでは養殖できているんだから、なんらかのコツがあるんでしょうけど。

今はタイメダカの繁殖しようかと悩んでます。コンゴパンチャックスを入れている水槽を使えばできると思うんですが、もし万が一次の入荷がないとも限らないので・・・

そういえば、昨日メコンメダカの若魚を入れているプラケース(フィルター無し、足し水のみ飼育ですが、出窓に置いているので太陽光が当たり、本水槽に入れている若魚より調子が良いのでプラケースに放置してました)に生まれて数日くらいの稚魚が泳いでいました。自然孵化もいいかもしれませんね。
コンゴパンチャックスもこれくらいタフだったら良いのですけど。

投稿: Mae | 2009年1月 5日 (月) 18時25分

コンゴパンチャックス、やはり稚魚の餌に問題があるんでしょう、屋外飼育したらあっさり繁殖するかもしれませんね。

メコンメダカ、去年の夏に家の東側軒先に設置してあった青水水槽に入れておいたら、ウジャウジャ殖えました。室内では少ししか殖えなかったのに(笑)

タイメダカはミヌチルスですか?
家にも5匹いますが、全部メスみたいで繁殖しません。
今は場所不足のためプロカトーパス雑居水槽に居候してます。

投稿: 長野マロン | 2009年1月 6日 (火) 22時08分

屋外、太陽光は偉大ですよね。
家のメコンの稚魚は、夏場に小さいプラケースに入れてベランダにおいていましたが、かなり元気でした。日陰ができるようにしていたものの水温は30度を超えることもあったと思います。(屋外だとあまり餌を気にしなくても良いのも助かります)

タイメダカ、ミヌチルスだと思います。(ミヌチルスって書きにくいですよね^^)
オス・メスそろっているかわかりませんが、メコンよりも好みの顔つきなので殖やしたいと思ってます。でも冬場はプラケースだと水の蒸発も早いし、餌の面でも夏のように放置できないということもあって悩んでます。

投稿: Mae | 2009年1月 8日 (木) 01時22分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ファイアーファントムテトラとアルタム寄生虫:

« アルタムの寄生虫 その後 | トップページ | アルタム寄生虫の治療結果 »