« コンゴパンチャックス・ブリチャージのペア? | トップページ | アルタムの寄生虫 その後 »

2008年12月 9日 (火)

続・アルタムの寄生虫

アルタムに着いた寄生虫ですが、ネットで調べるとカラシン(カージナル・グリーンネオン)に良く着いている寄生虫と症状が酷似していることが判明。(家のアルタムも大量のカラシンと同居していますが、カラシンには未だ寄生していない様子)

次のURL(トラックバック先)はエンペラーテトラですが、ここまでひどくは無いものの家のアルタムについている物にそっくりです:

http://porinkytriangle.blog107.fc2.com/blog-date-20081109.html

ほかでも調べたところ、イカリムシ対策と同じトロピカルNやリフィッシュが効くかもということなのでとりあえず注文。(おそらくろ過層に影響が出るので最終手段)

セラからも寄生虫駆除の薬が何点か出ているものの、入手が難しいし、どの種類を使えばいいのかわからないのでやめておく。

近所の熱帯魚屋さんに聞いたところ、若い店員さんはこの症状を知らず、社長?さんがカージナル等では良く見ると教えてくれた。いろいろ話をしているうちに、ディスカスのトリコモナス治療に使う、フラジール膣錠を試してみようという話になり、1錠下さった。(婦人用の薬なのでもし効くようでも購入しにくいので虫下しハンバーグより優先度低)

今は、虫下しハンバーグを試している最中。パッケージにあるように半日断食して与えたがほとんど食べないので、さらに一日断食して先ほど与えてみた。

よほど腹が減っていたのか良く食べてくれたのでこれで様子を見る予定。

2日後に再度試して、だめならばフラジール錠に浸したディスカスフードもしくは乾燥赤虫を試す予定。それでも駄目なら薄めのトロピカルN。

幸い、急激に進行する病でもなさそうなので長期戦覚悟で挑むつもり。

余談:

家のアルタム。秋口から人影におびえるようになったので水質が悪化したのかと思ったが、どうやら暗い色の服を着ている人間が苦手なようす。夏場のように半裸姿や明るい色のTシャツを着ていると怯えが少ない。そのため、部屋にいるときは極力薄着にしていたんやけど、今日、会社から帰った際に黒い服をきていたにもかかわらず、怯えずに餌クレダンスを踊っていた。 よほどお腹がすいていたのか^^)

今後暗い色の服を着ても怯えないように、うまく絶食を利用しよう。(その点、12年前に飼ったアルタムはタフでした。最初からディスカスフードを食べたし、怯えられた記憶も一切ないし。ネット通販も無い時代だったので、ショップでのトリートメントが行き届いていたのだと思う)

|

« コンゴパンチャックス・ブリチャージのペア? | トップページ | アルタムの寄生虫 その後 »

アクアリウム」カテゴリの記事

アルタムエンゼル」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 続・アルタムの寄生虫:

« コンゴパンチャックス・ブリチャージのペア? | トップページ | アルタムの寄生虫 その後 »