« MarbleCLAY ベータ6.0 | トップページ | 横道 »

2009年7月22日 (水)

アルタムエンゼル追加

久しぶりに熱帯魚を購入しました。

購入個体の紹介の前にアルタムの現状:
20090722_altum_mure_2
寄生虫を退治した後、冷凍赤虫を与えるのをやめ、ディスカスフードと乾燥赤虫を半々に与えるようになってから、成長速度が速くなった気がします。気づいたらスカラレのサイズを超えているようです。小さいと思っていた個体も写真で見るとスカラレとどっこいどっこいのサイズ。ジワジワとは成長しているのかな。
写真真ん中の個体が一番のお気に入り。導入初期に背ビレ、尻ビレが溶けて殆ど無くなった状況から立ち直ったので愛着があります。まだ尻ビレが少し歪んでますが気にならないレベル。おでこ?というか肩?の部分の青が綺麗です。

ちなみに、ヒレが傷んでいた時はこんな感じでサイズも8匹中で小さいほうでした:

200810_altum_hire(たしか8月購入で、10月撮影なので背ビレ尻ビレともに最悪の状態の倍ほどまで戻ってます。)

ただ、アルタムの特徴の背ビレのアンテナが伸びている個体が2匹しかおらず、できればもう少し欲しいと思っていたので、今シーズン最初の稚魚(実際には最初の便は売り切れ、第2便だったみたい)を通販で購入しました。

20090722_altum_baby
↑が届いた個体。到着4日目。去年は大体100円玉~500円玉台のサイズだったので今年もそれくらいだと思っていたら1円玉よりも小さくてびっくり。
実は2匹購入しましたが、1匹は到着時から袋の中で水面を漂うように泳いでおり、残念ながら3日持ちませんでした。やはり、本来は通販で買うべき魚では無いですね。
糞はしていたので持ち直すかと思いましたが、南米から日本についてすぐに大阪まで送られたため体力が持たなかったようです。申し訳ないことをしました。

残った1匹はかなり元気。餌も食べてます。
写真では閉じてますが、ひれも開いていて活発に泳いでいるのでこちらは期待できそうです。ただし、例によってヒレが少し白濁していますが、これは時間とともに治るでしょう。アンテナがこのまま伸びるかどうかはまだわからないですね。何せサイズが非常に小さいので。

先輩アルタムたちの動画↓:

最初に写っている水面に伸びている水草は、ADAの侘び草エキノが育ったもので多分ラディカンス。右が1年2ヶ月、左が約9ヶ月。左側は成長がゆっくりですが、右側は非常に早く半年くらいで1m近くまで育ちました。侘びは全く感じませんが、気に入ってます。本当はあと20cmほど背が低ければもっと良いのですが、根をわざと痛めても成長は衰えず、今は育つにまかせてます。

|

« MarbleCLAY ベータ6.0 | トップページ | 横道 »

アクアリウム」カテゴリの記事

アルタムエンゼル」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: アルタムエンゼル追加:

« MarbleCLAY ベータ6.0 | トップページ | 横道 »